高保湿成分として人気のセラミドが配合されている化粧水を、エイジングケアで使っている方も多いと思います。セラミド化粧水にはどんな効果や特徴があるのでしょうか? そこで今回は、セラミド化粧水の種類と効果についてご紹介します。 化粧水に配合されるセラミドの種類 セラミドを配合した化粧水にはいくつか種類があり、乾燥肌や敏感肌に悩む女性に人気の化粧水には、保湿成分として何種類かのセラミドが配合されています。 セラミド化粧水といっても、どんなセラミドが配合されているかで期待できる効果や実感が変わります。 合成由来のセラミドには、ヒト型セラミドと合成セラミドがあります。 ヒト型セラミドは、ヒトのセラミドに近い構造になるように、酵母を利用して生成された化粧品成分です。化粧品成分の表示は、セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなどです。 合成セラミドは、セラミドに類似した物質を化学的に合成したもので、疑似セラミドとも呼ばれています。化粧品成分の表示は、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなどです。 天然由来のセラミドには、天然セラミドと植物性セラミドがあります。 天然セラミドは、馬などの脳や脊髄から抽出される動物由来の化粧品成分です。化粧品成分としての表示は、ビオセラミド、セレブロシド、ウマスフィンゴ脂質です。 植物性セラミドは、コメ、トウモロコシ、大豆、コンニャク、ユズなど植物由来の化粧品成分です。化粧品成分の表示は、グルコシルセラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質、ユズ果実エキスなどです。グルコシルセラミドなどは水溶性のセラミドです。 セラミド化粧水で改善が期待できる肌悩み セラミド化粧水で改善できるのは乾燥肌です。乾燥していて水分不足だからといって、単に水分だけを肌に与えても、一時的にはしっとりしても時間が経てば蒸発してしまい、またすぐに乾燥してしまいます。 乾燥肌を改善するために必要なのは、角層のなかの水分保持力を高める保湿物質を補うことと、バリア機能を正常化することです。セラミドは、角質層内でラメラ構造を形成して、バリア機能を守ることなので、乾燥肌の根本対策になります。また、セラミド化粧品やセラミド化粧水は、乾燥肌の予防や改善で、乾燥によるカサつきなどの症状を緩和するとともに、小じわなどのエイジングサインを予防します。 さらに、敏感肌もセラミド化粧水での改善が期待できます。敏感肌は、肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激にも肌が反応してしまう状態です。そのため、セラミドが、バリア機能を整え、外的刺激から肌を守るとともに、肌内部の水分を逃さないようにはたらくことで、敏感肌の根本的な要因である乾燥の進行を防ぎます。 ただし、化粧水は大半が水のため、油溶性成分であるセラミドはそれほど高い濃度で配合されません。乾燥肌や敏感肌が深刻な場合やインナードライ肌の場合は、セラミド美容液やセラミドクリームなども含め、セラミド化粧品をライン使いするなど、肌の状態に合わせて取り入れることが大切です。 まとめ セラミド化粧水を選ぶときは、配合されているセラミドの種類や配合量、セラミド以外の保湿成分やエイジングケア化粧品成分などをしっかりチェックしましょう。化粧水だけでは保湿が不十分だと感じる場合は、美容液や保湿クリームも上手に取り入れて、セラミドを補うことを考えましょう。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「マスク生活に使いたいクレンジング料!擦らず落とせるおすすめは?」を参考に、マスク生活におすすめのクレンジング料の選び方や使い方をご紹介します。 マスク生活がもたらす肌へのダメージ マスク着用は、肌と素材の摩擦が肌への刺激になり、バリア機能が低下することで、肌荒れなどの原因になります。また、肌を守るためにメラニンが分泌され、ターンオーバーの乱れと相まって、色素沈着を起こしてシミやくすみが目立つこともあります。 さらに、マスク内部は高温多湿状態のため、皮脂や汗がたくさん出て、皮膚常在菌のバランスが崩れます。その結果、アクネ菌が増えて毛穴に炎症を起こし、ニキビや大人ニキビの原因になることがあります。そして、マスクを外す際には、急に水分が蒸発するので、肌内部の水分も奪われ、乾燥肌のリスクが高くなります。 ほかにも、清潔に保っていないマスクが肌荒れの原因になったり、紫外線対策を怠ってマスク焼けの原因になったり、マスク生活は肌ダメージのリスクが高いのです。 マスク生活のクレンジング料の選び方 クレンジング料には大きく分けて、溶剤型と界面活性剤型の2種類があります。 オイルタイプが代表的な溶剤型は、油性成分の配合濃度が高い、脱脂力が高い、肌への密着性が高いという特徴があります。洗浄成分としては、お手頃価格のものはミネラルオイルやエステルがよく使われ、高価格のものはアルガンオイルなどの油脂が使われています。 ジェルタイプ、リキッドタイプ、シートタイプなどがある界面活性剤型は、水性成分と界面活性剤の配合濃度が高い、肌への摩擦が少ない、界面活性剤が油汚れを包み込んで洗浄力を発揮するという特徴があります。洗浄成分としては、非イオン界面活性剤や肌への刺激が少ないアミノ酸系界面活性剤が使われます。 マスクによる肌へのダメージは肌質でも変わるので、溶剤型と界面活性剤型のどちらが良いとは一概にはいえません。高い脱脂力は皮脂を奪い肌荒れのリスクになるので、溶剤型なら油脂系のオイルクレンジングがおすすめで、界面活性剤型ならアミノ酸系界面活性剤のジェルタイプがおすすめです。 また、次の5つのポイントでクレンジング料を選ぶことが大切です。 ・メイクや毛穴汚れがしっかり落とせる ・摩擦が小さく肌へのダメージが少ない ・脱脂力は過度に高くなく皮脂を落とし過ぎない ・刺激成分が入っていない ・保湿成分が入っている エイジングケア世代におすすめのクレンジング料は、「ナールス エークレンズ」です。界面活性剤型の水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、pHも弱酸性なので、マスク生活でバリア機能が低下している肌でも使いやすいです。 マスク生活のクレンジング料の使い方 クレンジングの方法は、マスクをしているからといって特別なわけではなく、基本の正しいクレンジングの使い方を守りましょう。 清潔な手で、まずはポイントメイクを落としましょう。そして、乾いた手で適切な量をとり、Tゾーンからなじませていきましょう。 メイクをしているパーツに満遍なく馴染ませたら、ぬるま湯ですすぎましょう。なるべく短時間で行うことも大切です。クレンジング後は清潔なタオルで優しく拭き取り、しっかりと保湿をしましょう。 まとめ マスク生活におすすめのクレンジング料の選び方や使い方をご紹介しました。 マスク生活は、バリア機能の低下による肌荒れや乾燥肌など肌悩みの原因になっているので、もともと肌への負担が大きいクレンジングを見直すことが大切です。 この記事を参考に、しっかりメイクを落としながらも、肌への負担が少ないクレンジング料を選び、正しく使って、美肌をキープしましょう。